Mikoyan

なぜ木の実のアレンジメントと講師業?【Mikoyanに寄せる想い その2 】

Pocket
Facebook にシェア

Pocket
Facebook にシェア

さいたま市木の実のアレンジメントとクロスターアルバイテンの教室をしているMikoyanです。

今日は、私自身が講師業をやっている理由

Mikoyanに寄せる「想い」についてお話ししようと思います。

プロフィールでは書ききれないコアな部分のお話もします。

今回はその2回目「木の実のアレンジメント」と「講師業」についてです。

 

長い話になってしまいます。

もしよかったらお付き合いください。

 

(この話は、以前アメブロでも書いた内容ですが、ホームページでも改めて書かせていただきますね。)

木の実との再会

さて、主人の死後、相続やら、いろいろな手続きに追われる日々。

泣いている暇もなく、ただただ自分を奮い立たせて毎日を送っていました。

 

そんな時、教会でバザーがあったので行ってみた日の事。

 

そこで売っていたのは、誰かが作った松ぼっくりのクリスマスオーナメントでした。

クリスマスの飾り

素朴で、かわいらしくて、なんだか

んー?どしたーん?

そんな感じで、その松ぼっくりは存在していました。

 

考えてみたら、松ぼっくりは

 

別に気負うこともなく

 

種をうまく飛ばすためにその姿で

 

見栄を張っているわけでもなく

 

なのにとてもかわいらしく、美しかったです。

 

なんだか、胸がギューっとなってしまいました。

今までいろいろなハンドメイドをやってきました。

でも、それらの中からこれやろうと決めたのは、木の実が持っている力のせいだと思っています。

 

木の実の魅力

本格的に木の実をやり始めていつも感じることがあります。

とにかく、彼ら(木の実)はいつもユニークです。

そして、何より

コロコロ♪コロコロ♪

といつも楽しそう♪

 

色々な木の実

そんな彼らの1つ1つにワイヤーをかけて向き合う時間は、なんだか私も楽しくなってきます♪

 

手仕事に集中するということだけでも、癒し感はあります。

 

でも、木の実アレンジメントの場合は彼らから感じる「明るさ」「陽気さ」からも癒されると感じます。

 

そして、楽しげな彼らの魅力を引き出すように配置する。

木の実のアレンジメントにはそんな楽しさが魅力があります。

 

なぜハンドメイド作家ではなく、講師なのか?

私は、前回のブログでもお話しした通り、

かなりの種類のハンドメイドをやってきました。

そして、カフェのレンタルボックスを借りて、ハンドメイド品の販売もしたことがあります。

 

しかし、そこで直面したのは、

 

「価格競争」や「安売り期待」

 

でした。

 

同じような商品を、別のBOXで「半額」で売られたり。

ハンドメイド作家の憂鬱

いつしか、楽しかったはずのハンドメイドは

「作業になり」

「作ること自体が苦痛になっていきました。」

 

そんな経験から、私は「ハンドメイド品を売ること」をやめました

 

しかしながら、手仕事で自分で作った物がそばにある生活では

来上がった時のうれしさ

自分で作った物が身の回りに存在している心地よさ

「自分で作った物を使う生活のび」

「自分で作った物をるときに感じるおしさ」

を常に実感していたのです。

 

私は

「物を作ることが好きな自分」

「物を作ってきた自分」

に救われました。

人生の転機の中、改めて自分を見直す機会をもってみて、手仕事から感じる

うれしさ・心地よさ・喜び・愛おしさを伝えたい。

 

そう思い、この講師業を始めました。

 

木の実のリース

体験レッスン「木の実飾りのウェルカムプレート」

木の実アレンジメントの体験レッスン

素朴な木の実に触れながら、日々のストレスから離れて穏やかに手仕事に集中する時間を持ちませんか。
こちらの体験レッスンでは、「Welcome」の文字が入ったプレートにワイヤリングした木の実をこんもり飾ります。

費用:3,300円(税込み・レッスン料・材料費込み)

▼こんな方におススメです。▼

  • 何か作ることが好き。

  • 自然が好き。

  • ナチュラルなものが好き。

  • 何か新しいことを始めてみたい。

  • 資格を取って、趣味を生かした教室を開きたい

この記事を書いた人

しぶや けいこ

キノミスト(木の実のアレンジメント作家)・クロスターアルバイテン作家
トロッケンゲシュテック講師
日本クロスターアルバイテン協会公認講師
ドイツトップフローリストアカデミー所属
お客様がご自身の「大好き」を形にし、日々の癒し得て、前向きな毎日が送れる事を願っています。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket
Facebook にシェア

関連記事RELATED ARTICLE

手仕事に集中して『癒し』の時間を過ごしませんか?

体験レッスンはこちら 体験レッスンはこちら arrow_right
PAGE TOP