しぶや けいこ

キノミスト・クロスターアルバイテン作家

  • トロッケンゲシュテック講師
  • 日本クロスターアルバイテン協会公認講師
  • ドイツトップフローリストアカデミー所属

お客様が「大好き」を形にし、日々の癒し得て、前向きな毎日が送れる事を願っています。

木の実アレンジとクロスターアルバイテンとの出会い

雑木林に囲まれた教会育ちの牧師の娘。

木の実は身近な存在で、無類のクリスマス好き、凝り性のオタク気質です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2883035_s.jpg

私は、3人の子育てとパートにと忙しい日々を送るハンドメイド好きの普通の主婦でした。

私と木の実のアレンジメントとの出会いは、子供の幼稚園のバザーです。

その素朴でかわいらしい姿に魅了され、本を見つけてはリースや木の実飾りなどを作っていました。

クロスターアルバイテンもその流れで出会い、いつか作れたらと憧れながら数年が過ぎました。

突然の人生の転機~自分の憧れに向かって~

毎日忙しく子育て、パートに明け暮れる日々が続く中、ある日突然私は主人を亡くしました。

それはあまりにも突然の出来事でした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: death-2421820_640-3.jpg

3人の子供をかかえ、今後の生活について途方に暮れる中、クリスマスを前にした教会のバザーに行った日の事です。

そこでで私は松ぼっくりのクリスマスオーナメントに目が留まりました。

手に取ったオーナメントは優しく、穏やかに私の心を満たしていきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1280828_s.jpg

その時私は、「美しいものは人の心を癒しうる」と再認識したのです。

オーストリア発祥の木の実のクラフトと修道院で培われたワイヤー工芸「クロスターアルバイテン」

「いつかできたらいいな」と、憧れていたクラフトたち。

これからどうなるか先行きが見えない中、自分が好きなもの、憧れていたものを「やるしかない。」という思いで、私は気が付くと師匠の門をたたいていました。

美しいものには、本当に人の心を癒す力があります。

その後は、子育て・事後処理・パートをこなしつつ毎朝3時に起きる生活。

日々技能の向上に努め資格取得を取得しました。

美しい物、大好きな物を日々目にすることは心の栄養になります。

それらを自分の手で作れたら本当に楽しいですよね。

その、楽しさ、そこから得られる心の活力を皆様にも体験していただきたいです。

「お手本どおりにしか作れない」ではなく、本当の自分好みで作るにはどうしたらいいのか学んできました。

それらを皆様にお伝えしたいと思っています。